学習のポイント

生活の中から、時刻から時間を求める活動を通して、「時こく」と「時間」の意味を理解します。

  • 1時間が何分間「1時間=60分」の関係を理解したり、時計の12の目盛りをまたぐ場合の時間の求め方を学習できます。
  • 1日の生活を時刻をよむ活動を通して、「午前」「午後」の意味を学習しましょう。
  • 短針が1まわりするのに要する時間が12時間であること、1日=24時間の関係を理解しましょう。

新・さんすうワーク

 

 

 

時こくと時間

 

☆プリントの答え☆