学習のポイント

時計の長針と短針の位置関係「何時」と「何時半」を理解しましょう。実際に時計を動かして、時間の流れを日常生活にあわせて時計を読む練習をしましょう。「過ぎ」「もうすぐ」「なったら」など、言葉の意味を理解して学習しましょう。

新・さんすうワーク  試用版

試用版ですので答えのQRコードはまだ利用できません。

とけいをよもう

 

プリントの答え