学習のポイント

折れ線グラフに表すよさを生かして、変化のようすがよく分かるグラフのかき方を考えます。波線を用いて、目盛りを省略したグラフをかくことができるようにもしましょう。

  • 折れ線グラフの特徴を復習しましょう。
  • 変わり方のようすがわかりにくいことに気づき、折れ線グラフを並べ比較しましょう。
  • 1目盛りの表す単位を変更し、変化のようすが分かるグラフのかき方を理解しましょう。
  • 表のデータをもとに、省略できる範囲を考え、波線のある折れ線グラフをかくことができるようにしましょう。

プリント一覧

 

プリントの答え