学習のポイント

日常生活の中で時刻や時間を活用して学習し、時計や図など式を使って、必要な時刻や時間の求め方を理解していきましょう。

時刻や時間のたし算、ひき算を理解して、筆算形式で時間を求める方法を学習しましょう。

⑤・⑥は難易度が高いので、がんばって挑戦しましょう。かけ算・わり算のひっ算ができるようになってから学習してもかまいません。

プリント一覧

 

プリントの答え