学習のポイント

日常生活の中で時こくや時間を活用して学習し、時計や図など式を使って、必要な時こくや時間の求め方を理解していきましょう。

「時こく」とは、今何時かを表すものです。時間」とは、ある時こくから別の時こくまでの間を表すものです。

たとえば、今が9時であれば、「時こくは9時」と言います。また、8時から9時までの間は、「時間は1時間」と言います。

また、時こくと時間を読み取り、計算する方法についても学習します。

ポイント
  • 午前・正午・午後を正しく理解し、わすれないように書きましょう。
  • 時間を求める場合は、ちょうどの時こくをもとに考えてみましょう。
  • 何分後も何分前も、同じ考え方でもとめましょう。
  • 時間・分・秒など、生活にはいろいろな単位がつかわれていることを理解しましょう。

2023/9/2 時こくと時間① 修正

新・算数ワーク

 

 

 

時こくと時間

 

☆プリントの答え☆