虫食い20までのたし算

虫食い算とは、式の中に▢があり、あてはまる数を求める計算です。小学1年生後期から2年生以降に学習するとよいでしょう。

「巻き戻し問題」「逆思考の問題」といい、たとえば、▢+5=8の問題では、「5こもらったら、8こになりました。最初に何個もっていましたか?」など、逆思考の感覚を身につけさせる方法の一つとして、学習するとよいでしょう。